#1145 「テレビをみろ」とTBS「ひるおび」だが、デマニュース1位は「テレビ」で58.2%と国民気づく。フェイクニュースはSNSと総務省|みやわきチャンネル(仮)#1295Restart1145

スポンサーリンク
スポンサーリンク

在宅での抗体カクテル療法が解禁されることとなりました。
 これにより、「自宅療養」を援護する新たな「武器」を日本社会は手にしました。
 このニュースを受けて、ハンドルネーム「めいろま」さんこと、元国連職員の谷本真由美さんが、次のツイートをしておりました。

《これ他の国やってなかったりするから実は画期的。他の国は自宅放置でご臨終が基本》

 日本の新型コロナ対策が「完璧」とはいいませんが、間違いなく「善戦」はしています。
 ところが、ニュースやワイドショーは、この「抗体カクテル療法」が特例承認した後も、菅政権のコロナ対応を「ワクチン頼みの一本足打法」と批判していました。

 しかし、いま、総務省による「令和3年版情報通信白書」では、偽情報=フェイクニュースが流通する背景などが分析されているのですが、その入手元でもっとも多かったのは「テレビ」でした。

 実に58.2%の国民が、フェイクニュースの入手先を「テレビ」と答えていて、2位の「ポータルサイトやソーシャルメディアのニュース配信」の27.2%にダブルスコアをつけての圧勝です。

 いま、テレビの信頼が急速に失われていっています。

みやわきチャンネル(仮)は、2019年12月10日のYouTube規約変更後の新しいガイドラインに基づいて、全ての番組を制作・編集・配信しております。

@みやわきチャンネル

みやわきチャンネル(仮)#1295Restart1145
オリジナル2021年8月26日配信

番組の最後に「柴犬」のコーナーがあります。
今回のワンコ「だいすき」

番組の最後の最後に「じゃんけん」のコーナーがあります。

■YouTubeでの限定動画についてはこちらから。
↓よろしければどうぞ。
https://foomii.com/00189

■「みやチャン(仮)」公式サイト「MiyawakiNewsNetwork」
http://www.miyawakiatsushi.net

■ツイッター

■Facebook
https://www.facebook.com/miyawakiatsushiiatsushi

コメント