【日曜スペシャル】地球を測る。宇宙を知る。天文学の原点は紀元前にあり【ガリレオX】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年度「第58回科学技術映像祭」教育教養部門優秀賞 受賞作品

私達の住む星「地球」。
その大きさをご存じだろうか?答えは円周約40,075km。
現在では人工衛星などのレーザー光を使った技術から正確な地球の大きさは計測されており、もはや一般常識といっても過言ではない大きさとなっているが、私達が普段生活の中で円周約40,075kmという地球の大きさを実感することはほぼ無い。
しかし驚くべきことに紀元前300頃、エラトステネスという学者によって、おおまかな地球の大きさは計測されていたというのだ。
その方法は、美しささえ覚えるほど”単純”で”閃き”に満ちたものだった。
更に、その実験結果から紀元前に月や太陽の大きさや距離などを予測することができたという。紀元前に行われた宇宙を知る大きな第一歩を知ることで天文学の原点に迫る。
※2017年放送作品

*****************************************************************************
<『ガリレオX』番組ウェブサイト>

<ワックの映像作品はこちら>

<月刊WiLLのバックナンバーはこちら>

<月刊『WiLL』の記事が毎日読める!『Daily WiLL Online』はこちら>

<WACの最新書籍はこちら>

■月刊WiLL SNS
Twitter https://twitter.com/WiLL_edit​
Facebook https://www.facebook.com/WacWiLLedit/​

■運営: ワック株式会社
http://web-wac.co.jp/

コメント