尖閣諸島への出漁を妨害、阻止した、海上保安庁・第11管区保安本部に電凸

スポンサーリンク
スポンサーリンク

沖縄県、石垣市、登野城港から、尖閣諸島へ、出漁しようとした漁船と漁師が
海上保安庁と水産庁に、妨害され、「漁業従事者と確認出来ない」との理由で
石垣から20カイリのところで、海上保安庁は「安全指導」との名目で、1名の漁師の尖閣への出漁を阻止しました。言語道断です。

水産庁は10年ほど前から、漁業の後継者不足などから、漁業振興を図る為
漁業従事者の育成を、補助金をだしながら行っているところです。

今回の海上保安庁と水産庁の、尖閣諸島での漁業活動阻止は、尖閣諸島の漁業を衰退させ、日本の領土「尖閣諸島」の実効支配を危うくする行為で、
国賊行為と言っても良い、越権行為です。

漁業従事者の「認定制度」や「資格制度」も、法律もありません。

尖閣出漁の海上保安庁の当日の、妨害行為の中継
「いざ尖閣へ!石垣からの出港を生中継!」
https://www.youtube.com/watch?v=F3T7wjIgMjI

コメント