【日曜スペシャル】読書の小宇宙 本と人とのこれからの関係【ガリレオX】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文字の発明から6000年、活版印刷の発明を経て、書物は文明の近代化を推し進める原動力となってきた。「世界を変えてきたのは読書だった―」とも言えよう。
 ガリレオの「星界の報告」も、ニュートンの「プリンキピア」も、もし人々に広く読まれなかったとしたら、世界の姿は現在と全く異なったものになっていたに違いない。
 そして今、書物は多様な電子メディア端末と融合し、人類総体としての読書量は増大している。未来の読書を予見するよう新たな電子リーダーも現れてきた。デジタル時代の読書が問う、新たな知の体系に迫る。
※ワック 2017年放送作品

*****************************************************************************
<『ガリレオX』番組ウェブサイト>

<ワックの映像作品はこちら>

<最大27%OFF!お得な『WiLL』定期購読サイトはこちらから>
https://www.fujisan.co.jp/product/1281681159/

<月刊『WiLL』の記事が毎日読める!『Daily WiLL Online』はこちら>

<WACの最新書籍はこちら>

■月刊WiLL SNS
Twitter https://twitter.com/WiLL_edit​
Facebook https://www.facebook.com/WacWiLLedit/​

■運営: ワック株式会社
http://web-wac.co.jp/

コメント