【櫻LIVE】第317回 – 櫻井よしこ × 西岡力・麗澤大学客員教授 × 林いづみ・弁護士 × 有本香・ジャーナリスト × 花田紀凱(プレビュー版)

緊急特番「言論の自由は守られたのか」
櫻井×植村慰安婦記事訴訟を徹底分析する!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 判決は櫻井よしこ氏側の全面勝訴でした。元朝日新聞記者の植村隆氏が書いた慰安婦記事を捏造と思われても弁明できないだろうと書かれて名誉を傷つけられたとして櫻井よしこ氏や出版社3社に対し損害賠償などを求めた判決で、札幌地裁は9日、植村氏の請求を棄却しました。
 この裁判で「言論の自由は守られたのか」を検証するために、櫻井さんが闘った裁判を櫻井さん自身が特番として企画しました。特番を決定したのは裁判の判決が出る1週間程前のことでした。裁判に勝とうが負けようが民主主義の根本である言論の自由をいかにして守っていくかを論じたいと櫻井さんは語っています。
 言論には言論で戦います。むやみやたらに裁判に持ち込み、司法にことの是非を決めてもらおうとするのは言論人の行為ではありません。朝日新聞や朝日新聞元記者など言論に携わる者としての心構えに疑問を抱きます。
 櫻井さんは、判決後に次のようなコメントを発表しました。
「裁判所の判断は証拠に基づく当然かつ適切なものと思います。政治運動の手段としてジャーナリスト個人に対する提訴を濫用することは表現の自由を侵すものであり、今後は、判決を争うことなく、言論の場で意見を戦わせるべきであると考えます」
 11月16日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第317回放送は、櫻井よしこキャスターを中心に、同じ植村氏からの慰安婦記事名誉棄損裁判を闘っている麗澤大学客員教授の西岡力さん、今回の裁判で櫻井側主任弁護士を務めた林いづみさん、慰安婦問題も言論の自由にも関心が高いジャーナリストの有本香さん、小川榮太郎氏の著作に対する損害賠償訴訟で朝日新聞と闘う月刊『Hanada』編集長の花田紀凱さんが勢揃いし、言論の自由をテーマに熱い議論を繰り広げます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ 番組映像/音声の著作権は言論テレビに帰属します。
 許可無き転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ YoutubeLiveは通信状況により予告なく放送中止や途中終了する場合があります。
 最新の情報は、言論テレビHPにてご確認ください。
※ 放送終了後は非公開となります。過去の動画は言論テレビで是非ご視聴ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV