【右向け右】第231回 – 宮崎正弘・評論家 × 花田紀凱(プレビュー版)

米中武力衝突はあり得る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10月19日金曜夜10時、第230回のゲストは、評論家の宮崎正弘さんです。
アメリカのペンス副大統領が10月4日、ワシントンの政策研究機関「ハドソン研究所」で演説し、その内容に注目が集まっています。
・日本の施政下にある尖閣周辺を巡回し、南シナ海の人工島を軍事基地化している
・南シナ海で「航行の自由作戦」を実施していた米海軍のイージス艦に中国艦船が異常接近するという嫌がらせがあった
・キリスト教徒や仏教徒、イスラム教徒が迫害されている
・アジアやアフリカなどで借金漬け外交を展開している
・アメリカの企業や映画会社、大学、シンクタンク、学者やジャーナリスト、地方や連邦政府当局者に圧力をかけたり、報酬を与えたりしている
・中国がアメリカの中間選挙に介入しようとしている
・中国に批判的な研究機関にサイバー攻撃を仕掛けたり、学者にビザを発給しないなど学問の自由を侵害している
 ペンス副大統領は、このような趣旨で、中国政府を批判しました。
宮崎さんは「歴史の原則は、ヘゲモニーを担う国は一つだということ。それゆえ米中100年戦争が始まった」と指摘します。
そして米中戦争は貿易戦争から金融戦争、通貨戦争に向かい、決着がつかなければ軍事衝突もあり得るとしています。
中国との戦いに対するアメリカの本気度について詳しく伺います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ 番組映像/音声の著作権は言論テレビに帰属します。
 許可無き転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ YoutubeLiveは通信状況により予告なく放送中止や途中終了する場合があります。
 最新の情報は、言論テレビHPにてご確認ください。
※ 放送終了後は非公開となります。過去の動画は言論テレビで是非ご視聴ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV