米国務省が米国人の中国への渡航をレベル2で注意勧告

【新唐人=米NYに本部を置く中国語衛星TV】米国務省は訪中する米国人、特に米中両国の国籍を持つ米国市民に対し、中国当局から不当に拘束される可能性を指摘し、警告を発しました。中国国内の米国市民は理由なく拘束される可能性があるうえ、自身が何の法に触れたのかも分からないまま、米国領事館からの接見も受けられない可能性があるとも指摘しています。あるアナリストは、中国当局が米国とカナダの市民を拘束して人質とし、政治の駆け引きの道具として利用していると指摘しています。

米国務省は中国への渡航注意勧告を更新し、旅行や短期滞在で中国を訪れる米国市民に対し、滞在中は「特に警戒するよう」求めました。

米国務省が1月4日に発表した渡航危険情報では、中国は引き続きレベル2に指定されているほか、さらに「中国当局はセキュリティーチェックや警察官の増員などを行いセキュリティー対策を増やしている。この状況は特に新疆ウイグル自治区とチベット自治区で顕著だ。中国当局は近いうちに夜間外出禁止令の発令と旅行制限を行う可能性がある」との警告も出されています。

米国の渡航注意喚起レベルは、レベル1「通常の注意」からレベル4「渡航禁止」の4段階に分かれています。
#人質外交 #恣意的法の執行

https://www.dailymotion.com/video/x6tvm0h
ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』
#馬三家 #臓器狩り

……

日本新唐人ウェブサイトhttps://www.ntdtv.jp/
(日本語に翻訳した番組をご覧いただけます。)

日本新唐人Facebook
https://www.facebook.com/NTDJPN/

<テレビ映像素材提供に関する連絡先>
E-MAIL: info@ntdtv.jp

コメント