日本では見ない中国ならではの光景、渋滞の高速道路で太極拳#高速堵车, 大妈打太极#china superhighway traffic jam tai chi

https://videoclip.club/
2018年10月1日、中国の国慶節(建国記念日)連休(1~7日)の初日に当たるこの日、外出する人で多くの道路は長い渋滞が出来ていた。そんな中で車から降りて太極拳をするおばちゃんが話題になっている。

動画には、停車している車の横で太極拳をするおばちゃんの姿が映っている。場所は四川省の高速道路で、目撃者の女性は「当時渋滞で2、3時間ほど足止めを食らった。すると、車からおばちゃんとその家族が出てきて体を動かし始めた。しばらくすると家族は車内に戻ったが、おばちゃんは雨にも負けず1時間ほど太極拳で体を動かしていた」と語っている。

高速道路の渋滞時に乗っている人が車外に出て体を動かす光景は日本ではまず見られない光景だが、中国ではおなじみの光景。2015年4月には雲南省の高速道路で交通事故による渋滞が発生した際、中年女性が車と車の間で踊り、2016年11月には中国の華北地区(北京市、天津市、河北省など6つの省や市が含まれる一帯)で濃霧が発生し、一部の高速道路が渋滞。そんな中で空いているスペースで踊るおばちゃんの集団が現れ話題となった。さらに、2017年2月には山東省棗荘市の高速道路で、大雪により渋滞が発生する中、座り疲れた観光客の集団が車外に出てダンスを踊った。

こうした行為は場合によっては違反となるが、ネットでは「長時間の座りっぱなしは体に良くない」「おばちゃんは心に余裕があるな。私は渋滞にあうとすぐにいらいらする」と肯定的な声が多く聞かれた。