「弟はどこ?」豪州で開催中の人体標本展 兄がDNA鑑定を要求

https://www.ntdtv.jp
米国在住の黄万青さんは9月16日、15年前に行方が分からなくなった弟の手掛かりを求め、オーストラリア・シドニーで開催中の「人体標本展」に駆けつけました。黄さんは展示中の人体標本の中に、15年前に行方が分からなくなった弟の遺体があるかを調べるため、DNA鑑定を求めています。

黄さんによると、弟から最後に連絡がきたのは2003年4月19日。それ以来、音信が途絶えたままです。当時、弟の黄雄(コウ・ユウ)さんは、法輪功を  修煉していたことを理由に、上海警察から指名手配されていました。黄さんは、弟が当局の迫害により死亡した後、「プラスティネーション処理」されて人体標本にされたのではないかと疑っています。そのためシドニー警察に対し、展示中の遺体の身元を調査し、DNA鑑定を行うよう求めています。
……

日本新唐人ウェブサイトhttps://www.ntdtv.jp/
(日本語に翻訳した番組をご覧いただけます。)

日本新唐人Facebook
https://www.facebook.com/NTDJPN/

<テレビ映像素材提供に関する連絡先>
E-MAIL: info@ntdtv.jp