【櫻LIVE】第308回 – 門田隆将・ノンフィクション作家/石橋文登・産経新聞政治部長 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

三選安倍首相は志に燃え続けられるのか
小沢一郎と石破茂が水面下で連携にうごめく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 9月20日に行われる自民党総裁選は「大勢が決まった」といわれています。消化試合だと言われながら、その一方でメディアはまだ接戦が続いているような伝え方をしています。9月のTBS系世論調査では、「自民党総裁選で安倍首相41%、石破氏が40%で拮抗」と報じています。自民党を支持している人に限れば安倍総理72%、石破氏21%とその後に書き加えています。総裁選は自民党の国会議員と党員の選挙ですから、選挙予測としては書き加えている数字が選挙状況をほぼ正しく反映しています。このリードのとり方では「総裁選は互角なのか」と誤解を与えてしまいます。
 総裁選を語る論議は、もはや総裁選以後に移っています。安倍首相は来年夏の参議院選、秋には消費税10%というリスクを抱えたまま、安倍首相の志である憲法改正を成し遂げるためにどのような方法で自民党をまとめスクラムを組み、国民の心に訴えかけてゆくのかを論議すべき時が来ています。残された時間は、来年7月の予定されている参院選挙までの10カ月しかありません。
 9月14日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第308回“熱く語る”生放送第3弾はノンフクション作家の門田隆将氏と“黒シャツ”部長こと産経新聞石橋文登政治部長が縦横無尽に「政治とメディア」を論じます。
 櫻井キャスターは以下の論点を準備し対談に臨みます
(1)安倍総理三選の課題を安倍総理自身が①日露関係、②日朝関係、③憲法改正と語っています。どの課題を見ても困難を極めるものです。この三大問題に具体的にどう取り組んで行けるのか。嵐のような局面に安倍内閣は突き進んでいくことになります。その展望はどうか。
(2)政権の最後が見えて来た時に、その政権は求心力を失う。三選される安倍総理の任期は3年と決められている。この時間的枠組の中、求心力が失われることが常識であるということを踏まえて、安倍総理は何をなすべきだと思うか。いかにして自分自身も燃え続け、国民の共感、共鳴を維持出来るか。
(3)安倍総理三選の後は、当然、石破氏の不穏な動きが出て来る。既に石破氏と小沢一郎氏の連携プレーが水面下で見えて来た。石破氏は再び自民党を割って出るのか。小沢氏の画策は日本国の政治をどこまで動かすと思うか。そこからさらに小沢氏が狙う政界再編は可能だと思うか。
(4)世界はいま、乱世の時代に入っている。日米同盟は変質していくのか。日中関係はスムーズに改善されるのか。日露関係は行き詰まりを打開出来るのか。日本が世界に示すことの出来る役割はなにか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ 番組映像/音声の著作権は言論テレビに帰属します。
 許可無き転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ YoutubeLiveは通信状況により予告なく放送中止や途中終了する場合があります。
 最新の情報は、言論テレビHPにてご確認ください。
※ 放送終了後は非公開となります。過去の動画は言論テレビで是非ご視聴ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV