【櫻LIVE】第296回 – 青山繁晴・参議院議員 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

米朝首脳会談は準備不足で融和的過多
拉致問題の解決を米軍の軍事的圧力下で行う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 北朝鮮の国営ラジオ平壌放送は15日、日本人拉致問題は「すでに解決された」と論評し、米朝首脳会談以前の主張を再び繰り返しました。一方、拉致解決の機運が盛り上がる日本国内では、安倍首相は被害者家族らとの面会で「日本が主体的に解決していかなければならない」と意欲を示し、日朝首脳会談も8月、9月案も浮上してきています。拉致問題に取り組んできた青山繫晴氏は、拉致被害者の人数などについては我が国には正確な情報がなく、首脳会談の前には日本側の代表団を加えて日朝合同再調査も必要だと力説します。今回の拉致解決は、米軍の軍事的圧力を使いながらの拉致解決に取り組めるという点がこれまでとは違います。日朝首脳会談に続き、長官級の非核化交渉がまもなく始まりますが、拉致交渉もこの非核化交渉を並行して慎重に進めなければなりません。
 6月22日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第296回生放送は、拉致被害者の救出のためには自ら北朝鮮に乗り込んでもいいとまなじりを決する参議院議員の青山繁晴さんをお招きします。
 櫻井キャスターは以下の論点を準備し対談に臨みます。
(1)米朝首脳会談をどう分析するか、日本への影響はどうか。在韓米軍の縮小、撤退までもが浮上してきたことは、日本にとっては天変地異に等しい変化です。わたしたちはこれにどう備えることができるか。
(2)北朝鮮問題は中国問題に他ならない。膨張する中国にとって非常に好ましい状況が朝鮮半島に生まれたのではないか。アメリカが後退し、北朝鮮が安定し、韓国が不安定化になり、その結果北朝鮮が主導権を握って朝鮮半島を統一に導く。中国の影響力がより強くなり、事実上21世紀の植民地が朝鮮半島に生まれることになるのではないか。中国に、日本はどう立ち向かうべきか。米中が連携する可能性の前で日本が埋没しないために何をすべきか。
(3)拉致被害者をどのように救出できるか。いよいよ安倍首相と金正恩委員長の初めての首脳会談も行われそうだ。悪知恵のはたらく金正恩に安倍晋三政権はどのように対すべきか。青山さんは拉致問題解決を政治家としての責任の筆頭に置いてきた。いま考えることは何か。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ 番組映像/音声の著作権は言論テレビに帰属します。
 許可無き転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ YoutubeLiveは通信状況により予告なく放送中止や途中終了する場合があります。
 最新の情報は、言論テレビHPにてご確認ください。
※ 放送終了後は非公開となります。過去の動画は言論テレビで是非ご視聴ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV