期日前投票率を発表しない、中野区選挙管理委員会に電凸

6月3日(日)、公示の東京都・中野区長選挙

中野区選挙管理員会は「期日前投票」の状況を発表しません

中野区長選挙の投票率は、過去2回、30%を切っています。

最低の投票率で、中野区選挙管理員会の仕事は、投票率を上げる

事が、至上命題のはず。

それを平然と「期日前投票発表していません」
「6月9日、10日になるまで発表しません」では、投票率を気にせず、
投票率を上げる気など、さらさらな考えていないのではないかと思いました。

投票率が、30%では、選挙の正当性が、問われます。

中野区選挙管理員会の責任、中野区民の責任は重大です。

今回は、有力4候補の争いで、投票率は上がると思いあす。

中野区の皆様、期日前投票をお願いしまあす。

(動画概要より転載)