【櫻LIVE】第290回 – 西岡力・救う会会長/田北真樹子・産経新聞官邸キャップ × 櫻井よしこ(プレビュー版)

西岡力の対アメリカ拉致交渉緊急報告
振り撒かれる北朝鮮製“平和”攻勢の真贋?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 朝鮮半島情勢は刻々と動き風雲急を告げています。被害者家族と共に米国を訪れている西岡力「救う会」会長は、米朝首脳会談を前に拉致被害者全員帰国に向けて米国政府関係者に精力的な協力要請を行っています。一方、トランプ大統領は、ツイッターで北朝鮮に拘束されている3人の韓国系米国人が近く解放される見通しを示しました。米メディアは、金正恩委員長が平壌で会談した際にポンペオ国務長官に解放を約束したと伝えています。日本の拉致被害者の帰国にも朗報があるのでしょうか。
 そのポンペオ国務長官は2日、就任式の演説で「北朝鮮に恒久的かつ検証可能で不可逆的に核放棄をさせる」と強調しました。一方、金正恩氏は北朝鮮を訪れている中国の王毅外相に非核化を強調しました。しかし、南北首脳会談後に行われた金正恩氏の板門店宣言発表の中には「非核化」という言葉は一言もありませんでした。スウェーデンで行われている卓球世界選手権でも、準決勝を前に突然南北合同のチーム「コリア」が結成されました。金正恩スタイルの“平和”攻勢は続きますが、これまでのように北朝鮮に欺かれることはないのでしょうか。
 5月11日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第290回生放送は、米国から帰国したばかりの拉致被害者救う会会長でモラロジー研究所歴史研究室長の西岡力氏の米国報告と田北真樹子産経新聞官邸キャップによる安倍政権内部の見立てなど立体的に朝鮮半島情勢を分析します。
 櫻井キャスターは以下の論点を準備し対談に臨みます。
(1)金正恩氏は文在寅韓国大統領を利用して平和攻勢を強めている。北朝鮮が平和を求めているかのようなイメージを振りまくことでアメリカの軍事オプションを取りにくくさせている。アメリカはこのようなイメージの問題を乗り超えて北朝鮮にリビア方式をとことん迫ることが出来るか。リビア方式とは北朝鮮による完全な核放棄がなければ軍事オプションで対抗するというものだ。
(2)米朝問題は米中問題そのものだ。アメリカはどこまで中国と厳しい詰めが出来るか。中国がアメリカを手玉に取る可能性はないか。米中の結託は日本にとって最悪の選択だが、日本が介入し影響を与える可能性はあるのか。日本は北朝鮮経済立て直しに必要な資金提供を期待されている。この点を最大限の強味としていかにして闘うか。
(3)日本にとって最重要問題は拉致被害者の奪還である。全員、一括帰国なしには1円も出さない決意はどこまで理解されているか。歴代政権の中で最も熱心に拉致問題に取り組んできた安倍晋三首相にとっては正攻法しかない。重要なことは揺らがないことである。その点をどう見るか。
(この原稿は5月4日に作成しました)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ 番組映像/音声の著作権は言論テレビに帰属します。
 許可無き転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ YoutubeLiveは通信状況により予告なく放送中止や途中終了する場合があります。
 最新の情報は、言論テレビHPにてご確認ください。
※ 放送終了後は非公開となります。過去の動画は言論テレビで是非ご視聴ください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV

(動画概要より転載)