道徳的に問題の前川元文部次官が、公立中学校で講演、名古屋市教育員会に電凸

出会い系バ―に通っていたことが発覚し、社会的な批判を浴びている文部科学省の前、文部次官の前川喜平氏が

今年の2月に、名古屋市立・八王子中学校で講演し、

文部科学省が、名古屋市教育委員会の「問い合わせ」を行っていたことについて、朝日新聞が批判的に報道

その報道を読むと、名古屋市教育委員会が、反省もなく

文部科学省に対し「その意図を改めて確認した」と報道されており

しかも、名古屋市教育委員会は、道徳的に問題のある前川氏の
公立中学校での講演を、「特に問題ない」との判断しており、

びっくりしました。

名古屋市教育員会に電話すると
担当者は、質問に答えられず「近日中に会見する」と逃げました

問題があると認識していたが、確信犯的に「容認していた」ことになります。

しかも、前川氏の講演は、保護者やマスコミにも公開されていました。なぜでしょうか?

今回、様々な問題が、浮かび上がっています。

再度、抗議と確認ししたいと思います。

3月16日、、産経新聞報道、AM11:58。goo.gl/i78wBW

3月16日、朝日新聞報道  AM9:58。goo.gl/dzQ8En

会見後の朝日新聞報道  PM6:46。goo.gl/P2mJb1