蔡英文台湾総統宛、メッセージ書き換えで、外務省、中国・モンゴルニ課に電凸

2018年2月8日、
首相官邸のHPの安倍総理の台湾地震に対する
台湾の蔡英文台湾総統宛てへの「お見舞いのメッセージ」が
勝手に外務省の指示で書き換えられた事を突き止めました。

由々しき事態です。

「総理の署名入りメッセージ」を勝手に書き換えることなど、あっては
ならない事です。

そこで、先週2月9日と昨日、2月13日に2回、
担当する、外務省、アジア大洋州局、中国・モンゴル第二課に電話

先週2月9日も昨日、2月13日の1回目の電話にも、担当者は
「書き換えられた経緯」や「誰が指示したのか?」判らないとの事で
調べて、上司を出す様にお願いしました。

2月13日(火)の午後、2回目の電話で、やっと上司の方が出て来られ
名前は名乗られなかったが、約30分間、状況を説明されましたが

肝心のところは、説明されませんでした。というより「説明できなかった」
のが本当のところだと思います。

今回の安倍総理の
台湾の「蔡英文台湾総統宛」・「蔡英文台湾総統閣下」の削除については、日本と中国、台湾との外交の歴史的経緯が関係していることは
明らかです。
現に、中国共産党政府の報道官が、クレームをつけています。

日本が、1972年に「中華人民共和国」との間で、締結した
「日中友好条約」で、日本は、中共の主張する

「一つの中国の主張を尊重する」となっています。
しかし、この「日中友好条約」で、日本は、「台湾を中国の領土」と認めた訳ではありませんし、台湾を中国の属国と認めた訳ではありません。

「台湾の蔡英文総統閣下」の文面が、
中国の「中国は一つ」の主張に反すると思ったのだと推察できます。
今回、外務省のアジア大洋州局の中国・モンゴルニ課の職員が

私が説明した
「台湾は中国の領土ではない」「台湾は中国の属国ではない」に

「その通りです」は、とても重要です。

中国共産党政府は、今、日本を侵略しています。

台湾は、世界的にも、日本の「親日国家」です。

真に「外交関係」、「同盟関係」を結ぶべきは、台湾です。

世界に歴史的流れが変わろうとしています。

日本と中共の「日中友好条約」は、既に、崩壊しています。

一般の日本人は、ご存知ないのだと思いますが

中国共産党政府は「核弾頭ミサイル」を、日本に主要都市の「照準」を
合わせています。日本を軍事的に「恫喝」しているのです。

本当は、中国・モンゴル課の方とこの問題についても話し

「日中友好条約」が崩壊していることを、明らかにしたかったのですが
話が、広がり過ぎ、時間も無いので、今回の問題ニ歴史的な経緯がある事だけ、話ました。

害務省のアジア大洋州局。中国・モンゴル課の職員の「意識」が少しでも変わることを期待したいと思います。

まずは、日本国民が、中国共産党が、「軍事独裁国家」であり、

中国人民を弾圧、虐殺し、周辺国を侵略し、民族抹殺を行っている

「世界と、人類の敵」である事を、早く認識し、

日本国が中国共産党政府と「国交を断絶」しないと、日本が滅亡する

事を、断言しておきたいと思います。

既に、日本国内にも、中国人民解放軍の兵士が入って来ています。
北海道や日本全国で、中国共産党政府の傘下の企業が、大規模に
土地の買収を始めています。

中国人の永住者は、既に100万人近い状況で、実際に日本滞在している中国人は、200万人を超えていると思います。
外国人労働者約130万人の約40%は中国人。
永住権付与の高度人材の外国人の大半が、中国人。
外国人留学生約23万人の50%は、中国人。
外国人犯罪の多くも、中国人です。

台湾を中国の侵略から守ることは「日本を中国の侵略から守る」ことです

中国の「台湾侵略」「台湾併合」を許すと、次は、沖縄や北海道など
日本国が、中国共産党に侵略され事になります。

この様な、政治・外交的背景があり、
今回の安倍総理の「蔡英文台湾総統」へのメッセージ削除への
抗議の重要性があるのです