拉致被害問題のアニメ「めぐみ」の上映を拒否で、行橋市・教育委員会に電凸

2017年12月12日、

福岡県・行橋市議会で、異常な答弁があった

北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの事件を取り上げ

人権教育を目指した、アニメ「めぐみ」の上映について

上映を拒否している、教育委員会の教育長を、小坪慎也議員が

市議会で追及しました

追及を受けた、笹山教育長は「教育的配慮」を理由に上映しないと答弁

小坪市議は、上映の法的根拠を上げ、追及

しかし、教育長は、上映をしない「法的根拠」を説明することなく

学校教育法の学校をしどうする権限が、教育委員会にあるなどと

答弁しました。

教育長が上映を拒否する理由の「教育的配慮」が、事実なら

アニメ「めぐみ」の上映を推進する、政府の内閣官房、拉致対策本部や

アニメ「めぐみ」を上映し、人権教育を行っている全国の学校は

「教育的配慮」をしていないと言う事になります。

教育長は、詭弁を使い、まもな説明をせず、アニメ「めぐみ」を上映し、

人権教育を拒否しているのです。

とんでもない考えをする「教育長」だと思います。

教育長、失格です。

全国の教育委員会が、狭い学校現場の中で、おかしくなっていると

思います。

反日教育を推進する、「日教組」の影響は、全国の学校を蝕んでいます

問題を追及している、行橋市議会の「小坪慎也」議員には

頑張って下さいと、エールを送りたいです。

平成29年12月定例会 本会議3日目 (H29.12.12)
小坪慎也議員一般質問
goo.gl/qe7WVB

【募集】アニメ「めぐみ」の上映会の開催にご協力下さい

goo.gl/ckHdA9

内閣官房拉致問題対策本部事務局政策企画室
TEL:03-3581-8898 FAX :03-3581-6011
E-mail:g.rachi@cas.go.jp