【櫻LIVE】第265回 – 田久保忠衛・外交評論家,国家基本問題研究所副理事長 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

米中首脳会談で見えたトランプの限界
習近平と中国に仕切られる世界が来るのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
米中首脳会談後の会見では、両首脳共に朝鮮半島の非核化に力を尽くすと語りましたが、具体的な方法は一切触れませんでした。どうやら北朝鮮への対処をめぐり両国の溝は埋まらなかったようです。その一方で、チャイナマネー28兆円を超える商談はまとまりました。
 この巨額商談は、ボーイング航空機300機、米アラスカ州の液化天然ガス開発や輸入など多岐の分野にわたるそうです。ディール好きのトランプ大統領は28兆円に目が眩んでしまったのでしょうか。会談でアメリカ外交の大戦略と価値観は貫けたのでしょうか。
 中国からベトナムに向かったトランプ大統領は、10日APECの会合で「インド太平洋地域の全ての国々との関係を強化し、繁栄と安全を推進したい」と呼びかけました。しかし、肝心の南シナ海という言葉は用いることはありませんでした。南シナ海で強く中国を牽制するかと期待されていましたが、その期待を裏切りました。「自由で開かれたインド太平洋戦略」は安倍首相のアイディアですが、トランプ大統領は、安倍首相とは異なり、中国の力による膨張政策を牽制する意思はなさそうです。様々な米中関係の変化に対し、日本はアメリカや中国、そして世界にどのような戦略を持って進めばよいのでしょうか。
 11月17日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第265回生放送は、外交評論家で国家基本問題研究所副理事長の田久保忠衛さんをお迎えします。櫻井キャスターは以下の論点を準備し、対談をリードいたします。
(1)トランプ・習近平会談でトランプの限界が見えた。習近平と中国に仕切られる世界が来るのか。
(2)アメリカ外交の弱点は大戦略と価値観を失ったことだ。中国がアメリカにとって代わって、大戦略を掲げるいま、世界はどのような状況に陥るか。
(3)米中関係の変化によってアジア太平洋が受ける影響はどうか。インド太平洋戦略を打ち出したのは、わが国の安倍首相だが、安倍首相は習近平主席の戦略に競り勝つことが出来るか。日本はアメリカを鼓舞激励しながら、日本の道を実現しなければならない。そのためには何を成すべきか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ 番組映像/音声の著作権は言論テレビに帰属します。
 許可無き転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ YoutubeLiveは通信状況により予告なく放送中止や途中終了する場合があります。
 最新の情報は、言論テレビHPにてご確認ください。
※ 放送終了後は非公開となります。過去の動画は言論テレビで是非ご視聴ください!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV

(動画概要より転載)