山尾志桜里候補の選挙区で、異常に多い無効票で、愛知県選挙管理委員会に電凸

2017年10月23日

第48回、衆議院議員選挙の投開票が済んだ翌日

愛知7区の、山尾志桜里候補の選挙区で

無効票が、1万1291票もあり

異常な状況が、ツイッターなどネット上で問題になり、炎上中

山尾志桜里候補は、様々な問題と、選挙直前の不倫疑惑騒動で

民進党を離党に追い込まれ、完全に逆風の中の選挙でした

衆議院議員総選挙は、全国的に国民の支持を受けた、安倍・自民党が大勝

しかし、愛知7区では、自民党候補者が、山尾志桜里候補に

834票差で敗れる大波乱

そんな中での「無効票」が、他の選挙区に比べ、2倍近い

1万1291票も出ていました

愛知県選挙管理委員会は、平然と得票数や無効票を発表しただけ

ここ3年程前から、選管理委員会事務局や選管職員による

「票のすり替え」などの、不正が摘発され

全国的に不正選挙が蔓延しているのではないかと危惧しています

公正な選挙を実施して行くために、今回、愛知県選挙管理委員会に

問題の指摘と、改善のため、電凸をしました。

無効票の再検査と、納得出来る、愛知県選挙管理委員会の説明が欲しいです。