【右向け右】第141回 – 西村幸祐・ジャーナリスト/評論家 × 花田紀凱(プレビュー版)

日韓合意のゆくえ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1月27日金曜夜10時、第141回のゲストは、ジャーナリストの西村幸祐さんです。
2015年末に日韓合意が結ばれ、慰安婦問題について日韓両国は「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」したのは記憶に新しいところです。日本側は日韓合意に基づきすでに10億円を韓国側に拠出しました。
しかし、合意からたった1年しか経っていない昨年12月末、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が新たに設置されました。ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像も撤去されておらず、そもそもこれは日韓合意どころか、「外国公館の安寧と尊厳を守るよう」に定めたウィーン条約違反なのです。
さすがに日本政府は、1月6日に次の4つの措置を発表しました。
◎長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事の一時帰国
◎日韓スワップ協定再開の協議中断
◎日韓ハイレベル経済協議の延期
◎在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ
一方、韓国では、大統領選を睨んでか、日韓合意も国際法も無視した反日・強硬発言が相次ぎ、16日には韓国の地方議員が竹島に慰安婦像を設置するための募金活動を始めるなどしています。
いったい日韓合意、日韓関係は今後どうなるのか。西村さんにお伺いします。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV