【櫻LIVE】第205回 – 杉田水脈・前衆議院議員 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

歴史問題捏造の元凶は、やはり日本人
性奴隷を捏造し日本を貶めた人々が語る理屈
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 慰安婦=性奴隷を世界に広めたのは中国でも、韓国でもありません。日本人が日本を貶めたのです。その舞台は国連で、日弁連の戸塚悦郎弁護士が事実に基づかない偽りの根拠を示し、慰安婦を性奴隷と定義し、これを広めました。国連委員会では日弁連、反差別国際運動(部落解放同盟系)、新日本婦人の会(日本共産党系)などの左派NGOが跋扈しています。国連女子差別撤廃委員会の委員長は林陽子弁護士で、慰安婦をはじめ歴史問題で根拠を欠く反日的な記事を多く書いた朝日新聞松井やより記者の後継者とも評されているようです。推薦したのはもちろん日本外務省で、しばしば国連委員会ベースの外務省と左派NGOの奇妙な連帯関係が話題に上ります。世界にばら撒かれた嘘だらけの慰安婦問題は、朝日新聞が記事を載せた日本人=吉田清治がそもそもの出発点です。国連のクマラスワミ報告もマクドゥガル報告書も共に吉田清治の捏造を反映して書かれています。日本のメディアも加担しています。NHKが放送した『女性国際戦犯法廷』は、慰安婦制度を裁いた民衆法廷で、昭和天皇を戦犯として描いたイベントですが、NHKの池田恵理子プロデューサーが松井やより記者らと組んで行いました。なぜ、こうした人々は日本や日本人を貶める行為を行い続けているのでしょうか。
 9月23日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第205回生放送は、前衆議院議員で嘘だらけの歴史問題を糺すため世界を飛びまわる杉田水脈さんです。櫻井キャスターは、(1)慰安婦問題のルーツを探っていくと、日本人が日本を告発する話に行き着く。そうした話は殆どの場合、事実と懸け離れた捏造だ。そのような反日的な歴史の捏造をするのは一体どのような人々か。(2)彼らの日本告発の捏造物語は、なぜ容易に信じられて広がっていくのか。(3)日本を歴史問題で告発し続ける人々の活動は、いまどのような状況にあるかなどをテーマに対談をリードします。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV