舛添都知事の政治資金流用、公金浪費で、都議会・自民党に電凸

舛添都知事の「政治資金流用」と「公金浪費」問題
まさに、公私混同以上の「公私一体」です。

舛添都知事の1年間の視察、52回のうち
美術館や博物館の視察が39回で、全体の7割。

東京都が取り組べき、高齢化社会への対応の
老人ホ-ムや保育所への視察は、なんと、ゼロ。

舛添都知事は、都知事選挙で保育所の「待機児童ゼロ」を
公約にしていました。
まったく、都民に言っていることと、行っていることが「逆」です

新聞報道によると
舛添都知事を、都知事選挙で推薦、支持した
与党の公明党と自民党が、舛添都知事の追放に難色で
共産党が提出予定の「百条委員会」設置についても
現段階で、賛成していません。

これは、犯罪を行って、都政に重大な悪影響を及ぼしている
舛添都知事を、擁護していると受け取らざるお得ないです。

都議会・自民党の対応の確認をするために、電話しましたが
自民党・都議会の現在の対応では話になりません。

舛添要一氏を都知事にした、自民党と公明党は、
都議会の強制力のある「百条委員会」設置に賛成し、
都民、国民に、まともな説明をせず、逃げている
舛添都知事に、「引導」を渡し、辞職に追い込むべきです。

5000万円の借金問題で、都知事を追放した「猪瀬」前知事の時
は、自民党は率先して、「百条委員会」設置に賛成し、
猪瀬前都知事を辞職に追い込んだ。

私は、東京都のオリンピック利権を朝鮮勢力や自民党が
握るために、猪瀬都知事を辞職に追い込んだと思っています。

現在の東京都は、カルト宗教団体や朝鮮勢力に牛耳られていると思います。

舛添都知事を都庁から、「追放」し、
東京都政を日本人に手に、取り戻しましょう。

東京オリンピックも、電通など朝鮮勢力から取り戻し
新しい、信頼のおける、新都知事もとで、開催して欲しいです。

舛添が、「辞職」するか「逮捕」されるまで、追及します。