麻賀多神社にある三つの碑 (日清戦争、日露戦争で犠牲になった方々の碑)

麻賀多神社にある三つの碑 (日清戦争、日露戦争で犠牲になった方々の碑)
日露戦争戦没者約200名の名前が記されてる「忠勇の碑」。軍人によるものではなく、佐倉藩主堀田正倫による。碑は、日露戦争後の明治39年に建立された。 、「義烈の碑」は日露戦争より前の戦没者17名の名前がある。この碑は、大正2年、旧藩士の郷友会が日露戦争前の戦没者の記念碑がないことを遺憾として建立したもの。 「両士記念の碑」は戊辰戦争の時幕府側に参戦した佐倉藩士二名の記念碑

麻賀多神社にある三つの碑 (日清戦争、日露戦争で犠牲になった方々の碑)

日露戦争戦没者約200名の名前を記した「忠勇の碑」。一般的な軍人によるものではなく、最後の佐倉藩主堀田正倫による。碑は、日露戦争後の明治39年に建立された。
、「義烈の碑」は日露戦争より前の戦没者17名の名前がある。この碑は、大正2年、旧藩士の郷友会が日露戦争前の戦没者の記念碑がないことを遺憾として建立したもの。

(動画概要より転載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。