最新12/2(水)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル#25『コロナ、円高、マクロ政策問題、第三次補正予算をめぐる財務省との攻防と日本経済への影響』

12/2(水)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル#25
『コロナ、円高、マクロ政策問題、
第三次補正予算をめぐる財務省との攻防と日本経済への影響』
【12/2(水)収録内容】
〇日本経済はどうなる令和2年度第三次補正予算は大規模財政出動なるか?
・長谷川×高橋Newsチャンネル@コロナ防止策の上でinスタジオトーク
高橋内閣官房参与が繰り返し警告してきたGDPギャップ・マイナス30兆円~40兆円を埋める
大胆な財政出動は今後の第三次補正予算で実現するのか?

・下村政調会長が高橋先生とおんなじことを記者会見を言った舞台裏
・政界御用達?高橋参与にTELで政策教わる。
・GDPギャップを放置すると経済による被害が最悪に・・・。

・第三次補正予算、霞が関の状況は?ケチケチ財務省の面目躍如
・財務省の巧妙な政治根回し戦略
・政治家から高橋洋一に相談に行かないようにせよ。財務省の各省庁しばきあげ
・第一次・第二次補正予算せっかく作った予備費が全然使われず、第三次補正予算の座布団!?

・一般会計と財政投融資特別会計を巧みに使いながら対外的にいい顔しながら、真水を出さないZ省の戦略
・研究開発への投資は”融資”とみて国の資産として確実かをネチネチ攻めまくる財務省の予算査定術
・将来世代の負担になるという財務省プロパガンダへの対応、安倍・菅総理の違い
・統合政府理論ベースで理解できているかどうか。

・第三次補正予算、高橋流で試行錯誤してみたが・・・。
・自民党や政府首脳の理解ありつつも財務省の猛烈な巻き返し工作
・Z省は各省庁を徹底的にボコってつぶす、予算要求省庁は完全に意気消沈で予算要求そのものつぶれる。
・安倍前総理は経済の今後の見通しをしれっと議員に懸念を伝える。
・日本経済の消沈防止は高橋参与の考えが浸透するかどうか?
など

★出演者
長谷川幸洋(ジャーナリスト)
高橋洋一(数量政策学者、内閣官房参与)

★ツイッター
長谷川幸洋https://twitter.com/hasegawa24
高橋洋一https://twitter.com/yoichitakahashi
梅宮万紗子https://twitter.com/masakoumemiya

★インスタグラム
梅宮万紗子https://www.instagram.com/masakoumemiya/

★ブログ
梅宮万紗子https://ameblo.jp/masako-umemiya/

★長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル
水曜日配信となります!
配信のお知らせは公式Twitterにて!

★長谷川幸洋連載
現代ビジネス「長谷川幸洋『ニュースの深層』」
https://gendai.ismedia.jp/list/serial/news_hasegawa
夕刊フジ「長谷川幸洋『ニュースの核心』」
https://www.zakzak.co.jp/soc/rensai/soc34851.html
四国新聞「ニュース裏読み」
月刊Hanada「未来を読む!」

★所属事務所 ㈱オフィス・トゥー・ワン HP
http://www.oto.co.jp/profile/detail.php?category=talent&id=93&name=Yukihiro_Hasegawa

★長谷川幸洋プロフィール
1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。ジャーナリストとして活動中。

06~09年に政府税制調査会委員、05~08年に財政制度等審議会臨時委員、13~16年に大阪市人事監察委員会部会長など。
07~15年に日本記者クラブ企画委員、13~16年に規制改革会議委員、16~19年規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。
著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア—本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。
最新刊に「新型コロナの正体〜日本はワクチン戦争に勝てるか!?」(ビジネス社、森下竜一大阪大学大学院寄附講座教授との対談)
趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

★高橋洋一プロフィール
1955年、東京生まれ。80年、大蔵省(現財務省)入省、理財局資金企画室長、内閣参事官など歴任。小泉内閣、安倍内閣では「改革の司令塔」として活躍。07年には財務省が隠す「埋蔵金」を公表、08年に山本七平賞受賞。政策シンクタンク「政策工房」会長、嘉悦大学教授、内閣官房参与。

#中国TPP
#高橋洋一
#マクロ経済

コメント