全人代で人大代表を言論統制・・・元人民日報研究部の主任が自殺・・・中国史上最厳の全人代の出来事

2018年3月11日、全人代では国家主席の任期を「2期10年までに」制限した規定を撤廃する憲法改正案を可決した。
賛成は2958票に対して反対は2票、棄権3票という民主主義国家ではありえない皮肉な「99%で賛成票」ですが、実は投票が始まる直前に、中国国旗を持ってる大量の人民解放軍が会場に入り、人大代表を恫喝してからです。

日本のメディアが報道しない、報道が物足りない海外のニュースを紹介するチャンネルです。
どうぞよろしくお願いします。

チャンネルのご登録をお願いします→

コメント