【田村秀男】国際金融資本の一員としての中共幹部、マイナス金利をどう生かすか[桜H28/2/18]

長期金利が一時的にマイナスになったことで「失敗」の烙印を捺されつつある日銀のマイナス金利政策。しかしこれは、ホットマネーの流入による短期的な現象と見るべきであり、むしろマイナス金利の「適用範囲」の拡大と、緊縮財政路線からの転換がデフレ脱却の鍵となるはずである。消費増税以来、方針を見失いつつある安倍内閣に対し、経済通の田村秀男氏から日本経済再生の御提言を頂きます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/