朝鮮人慰安婦の「日韓合意」で、外務省・北東アジア課に電凸

2015年12月28日
安倍総理の指示で、岸田外務大臣が訪韓し
朝鮮人慰安婦で「日韓が合意」し、共同記者会見
しかし、合意内容は「文書化」されず、口約束。

「日韓合意」内容を岸田外務大臣が記者会見で説明
その最初の内容は驚ろくべき
「慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、
かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と説明

慰安婦問題の焦点は「日本軍の強制連行が有ったのか、無かったのか」です。
無ければ、日本軍に朝鮮人慰安婦の責任は無い。
そして、日本政府、米国政府、韓国の学者が調査しても
「朝鮮人慰安婦を日本軍が強制連行した証拠は無かった」。

しかし、韓国政府や韓国人、北朝鮮の工作団体が
歴史を捏造し、日本国と日本国民、「英霊の方々」を貶める
誹謗中傷とプロパガンダの工作を世界中で展開しています

今回は、「軍の関与」とは何かを外務省に確認追及し
「性奴隷」や「強制連行」の間違った報道をしている、海外メディアに対し
外務省が、「修正を求めるべきだ」と抗議し、担当者に修正を約束させました

また「慰安婦の心の傷を癒す」事業なら
まず、慰安婦の大多数であった、日本人慰安婦の「こころの傷」を
癒すべきではないかと追求し、
外務省の担当者は「その通りです」と回答も
日本人慰安婦は、担当の省庁が違うと「逃げの返答」でした
担当者が途中、「急ぎの仕事」されているとの事で
電話を打ちきり、約束した「海外メディアの間違った報道の修正を求める」事を再度、確認し、電凸を終りました

抗議したい内容、追求したい事は、たくさんありましたが
次回に回します。
今後の、外務省の動きを見守ります。

いずれにしても、韓国政府が「約束」や「条約」を守る事はありません
現に、野党のセリヌ党は「日韓合意」の破棄を宣言

また韓国の日本大使館前に「慰安婦像」を設置している
北朝鮮系の工作団体「挺身隊対策協議会」は、慰安婦像の撤去を拒否

ただ、韓国の政府与党系の慰安婦活動の民間団体は、韓国政府の合意を受け、協力する動きです。

今回の「日韓合意」の
「軍の関与・・・・・・」や「日本政府の予算で10億円の拠出」は
安倍総理の「大失態」の、外交的「敗北」です。

(動画概要より転載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。