【馬渕睦夫】戦争の予兆としての「日韓合意」[桜H28/1/11]

年末に発表された慰安婦問題に関しての「日韓合意」について、東京新聞の印象操作と、安全保障としてどのような意味があったのかを、馬渕睦夫が解説していきます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

(動画概要より転載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。