【櫻LIVE】第142回 – 伊藤穰一・MITメディアラボ所長 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

最先端デジタルの頂点を極めた日本人
僕たちは福島で線量計を持って走り回った
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日本でのインターネット文化に絶大なる影響力を及ぼし、世界最先端技術を誇るMIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボ所長に日本人として初めて就任し、同時にNYタイムズ、ソニーなど多くの一流企業で取締役を務めるなど世界の様々な分野で才能を発揮する日本人がいます。7月10日金曜夜9時「櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!」第142回生放送は、親しみを込めてJoi(ジョイ)と呼ばれる伊藤穰一さんが米国から飛んできてくださいます。今でも原稿を手書きで書くアナログ派の櫻井キャスターとデジタル天才のJoiは長年の友人です。伊藤穰一さんは今再び日本に目を向けています。3・11で福島第1原発の爆発の直後、伊藤さんはインターネットに向かいできることを模索すると同じように何かをしようとする人がネット上に溢れていたといいます。伊藤さんはSafecast(世界中で計測した放射線データをインターネット上で共有し、地図上にマッピングするプロジェクト)を結成し、ガイガーカウンターを持って走り回ったのです。測定した放射能データポイントは、4億にも達しました。このデータポイントで政府も東京電力も公表していない実態が分かりました。
 櫻井キャスターは (1)Joiさんは日本にツィッターを導入しました。これまでインターネットでどのように世の中を変えてきたか。福島で大規模な放射線量の調査を実施していますが、この調査はどんな変化を生み出したか。(2)日本人のインターネットの使い方をどう評価するか。日本は情報戦略戦で常に劣勢に立ってきたが、日本人とインターネットの相性は悪いのか (3)インターネットはプラスの側面もマイナスの側面もある。インターネットが人間のマイナス面よりもプラス面を引き出すメディアに成長するにはどうしたらよいか (4)インターネットが人類の行動パターンをどのように変えていくのか、インターネットを凌駕する勢いで進化するバイオ・テクノロジー研究の将来はどうなるのかなどビッグ対談をリードします。この対談は特に日本の次世代を背負う若者にもぜひ見ていただきたいと思います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】 http://www.genron.tv/ch/sakura-live/
【Facebook】 https://www.facebook.com/GenRonTV
【Twitter】 https://twitter.com/GenRonTV