【魔都見聞録】虚構を抱きしめ世界行脚の気の毒な韓国[桜H27/6/15]

日本が申請し、世界遺産に相応しいとの答申を受けた「明治産業遺産群」であるが、韓国はこれに「韓国人が強制労働させれれた施設が含まれている」と主張し、形振り構わぬ妨害工作を展開している。しかし残念ながら、韓国の主張は虚構に立脚したものであり、被害者史観に凝り固まった泣き言を聞かせられるドイツなどは迷惑極まりないといったところであろう。彼らが信奉する「強制連行神話」の嘘を暴いた、鄭大均先生の御著書を御紹介するとともに、非常識な行動に出て憚らない韓国人の厚顔さと、それを幇助する長崎放送の偽善と迂闊さについても指摘しておきます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/