字幕【テキサス親父】産経新聞加藤記者の不当な勾留に関して

【動画解説】

産経新聞社元ソウル支局長の加藤達也氏による朴槿恵大統領への名誉毀損容疑で南朝鮮政府より告訴された裁判で、すでに3度目の拘留延期となっている。

加藤達也氏は、朝鮮日報に書かれていたセウォル号沈没時に朴槿恵大統領が、7時間に渡り行方が分からなくなっていた事、その間に愛人と会っていたことを日本国内の産経新聞に掲載した。

これが、今回の加藤記者の名誉毀損事件となったわけだが、そもそも、産経新聞は、この記事を日本の新聞に日本語で、ある意味「転載」しただけで、その元記事は、朝鮮日報の記事である。
しかし、その元記事を書いた朝鮮日報に対しては、名誉毀損での訴えを起こしておらず、日本の産経新聞にのみこのような訴訟を起こしている。

これに対して、テキサス親父は、これは、在留外国人に対する差別であると考えている。
そして、南朝鮮の憲法第21条には、報道の自由がうたわれているが、同条項には、それに相反する、個人の名誉を毀損してはならないと書かれている。

今回の事件は、この相反する部分の後半にある、名誉を毀損してはならないとの部分のみを取り上げたもので、前半の「報道の自由」と相反するものであるとテキサス親父は言う。

いずれにしても、遡及法が普通にまかり通る国での事なので、今回の件も、日本叩きの一環であるが、ある意味、南朝鮮の常識が世界の常識とはかけ離れている事を晒すことになり、海外のメディアからは、批判を浴びている。

関連記事

http://goo.gl/9w90l7

http://goo.gl/CWKcYu

http://goo.gl/CWKcYu

http://goo.gl/wTvgYr

http://goo.gl/IrFi5u

http://goo.gl/5TWGZI

南朝鮮憲法22条

第21条① すべての国民は、言論及び出版の自由並びに集会及び結社の自由を有する。

② 言論及び出版に対する許可又は検閲並びに集会及び結社に対する許可は、認められない。

③ 通信及び放送の施設基準並びに新聞の機能を保障するために必要な事項は、法律で定める。

④ 言論及び出版は、他人の名誉若しくは権利、公衆道徳又は社会倫理を侵害してはならない。言論及び出版が、他人の名誉又は権利を侵害したときは、被害者は、これに対する被害の賠償を請求することができる。

———————————–
テキサス親父オフィシャル・グッズ・ストアー 
http://texas-daddy.shop-pro.jp/
———————————–
■テキサス親父の最新字幕版動画をアップとニュース等を同時にお知らせ!■
ツイッターで@MR_DIECOCKをフォローまたは、
フェイスブックはShun Fergusonに友達申請して頂ければ自動的にお知らせ。
———————————-
テキサス親父日本事務局の運営は、皆様方の寄付と事務局メンバーの個人による出費にて賄われています。皆様方からのご支援を宜しくお願いします。

●支援先:群馬銀行 熊谷支店
●店番:300 ●口座:普通預金:934849
●口座名義:テキサスオヤジニホンジムキョク

中国語、韓国語、ベトナム語、フランス語、スペイン語、タイ語、その他の外国語の翻訳のボランティア募集中
事務局の活動に御協力頂ける事務局のメンバー募集中
お問い合わせ、お申し込みは info@texas-daddy.com まで
——————————————————————–
テキサス親父日本事務局 
http://texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 スタッフブログ
http://staff.texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 第1チャンネル
http://www.youtube.com/user/OUTSIDESOUND
テキサス親父日本事務局 第2チャンネル
http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterJp
テキサス親父日本事務局 第3チャンネル (韓国語および外国語)
http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterInt
——————————————————————–
テキサス親父、テキサス親父の動画、その他に関しての
ご意見、ご要望その他は、info@texas-daddy.com まで