第6回 宮家の意義を考える 〜光格天皇の御製を読む〜【CGS 御製から見る日本】

今回は光格天皇の御製「敷島の やまと錦に 織りてこそ からくれないの 色もはえなれ」について、その歌に込められた意味や歴史背景、皇室の制度や事情について解説致します。
光格天皇は皇位継承の権利を持つ世襲親王家からの即位でした。空位期間を作らないために、言うなればスペア…いざというときに皇位を継承できる様教育がなされています。

———————-最新情報はコチラ!———————-
☆神谷宗幣公式サイト⇒http://www.kamiyasohei.jp/
☆公式サイト⇒http://www.gstrategy.jp/
☆Twitter⇒https://twitter.com/chgsinfo
☆FB⇒https://www.facebook.com/ChGrandStrategy