カナダ人死刑判決 専門家「西側社会に共産党政権の本質を認識させた」

【新唐人=米NYに本部を置く中国語衛星TV】中国遼寧省の大連市中級人民法院は14日、薬物密輸罪に問われたカナダ人男性、ロバート・シェレンベルク氏の差し戻し審で、同氏に死刑判決を言い渡しました。この事件について、カナダ在住の作家で時事評論家の盛雪さんに見方を伺いました。
裁判官
被告人ロバート・シェレンベルクに、麻薬密輸の罪で死刑判決を下す。同時に個人財産全てを没収する
カナダ人のシェレンベルク氏は、麻薬約222キログラムを密輸したとして2014年に逮捕され、2018年11月に大連市中級裁判所から懲役15年の判決を言い渡されました。シェレンベルク氏はこの判決に不服し上訴したものの、遼寧省の高等裁判所は審理を一審に差し戻しました。しかし、差し戻し審では死刑判決が言い渡されました。
複数の人権団体や法律専門家がこの判決に疑問を提起し、これはファーウェイの副会長、孟晚舟氏を逮捕したカナダに対する報復であり、政治審判であると批判しています。

カナダ在住の作家 盛雪さん
今回、中国共産党はカナダ人に死刑判決を下したが、孟晚舟逮捕後に見せた一連の常軌を逸する非常識な、非理性的な反応の一つだと言える。カナダは40年前に死刑を廃止し、人間の命を重んじる国である。中国共産党はカナダ人を威嚇することで、カナダ政府に圧力を加えている」

15日、カナダのフリーランド外相は、駐カナダ中国大使を召喚し、死刑判決を言い渡されたたカナダ人男性に対する寛大な処置を要請しました。外相はまた、シェレンベルク氏の父親に対し、カナダ人を代表して深い同情を示すと伝えました。

カナダ在住の作家、盛雪(せいせつ)さんは、白人に対しては一貫して慎重な態度を取っていた中国共産党が、今回死刑をもってカナダを脅迫しているが、かえって全世界が中国共産党政権の本質を知ることになると示します。

カナダ在住の作家、盛雪さん
「白人に対しては、中国当局は一貫して慎重な態度を取っていた。当局は常にダブルスタンダードを行使している。今回、15年判決を下した案件をわざわざ差し戻して、死刑という尋常でない判決を下した。これは明らかに彼らの政治的カードであるが、このカードは中国にとって何のメリットもないはずだ。なぜなら、カナダに中国共産党のような体制の恐ろしさと危険性を認識させただけでなく、同時に西側社会全体が中国共産党体制に対する認識を深めることになったからだ」

カナダのグローバル連携省は14日、中国への渡航に関して警告を発しました。中国当局による恣意的な法執行の恐れがあるため、カナダ人は中国で最大の注意を払うよう呼びかけました。

15日、フリーランド外相は再度中国への渡航を計画しているカナダ人に対し、渡航安全情報を参考にするよう促しました。

https://www.dailymotion.com/video/x6tvm0h
ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』

コメント