【今週の御皇室】歌会始~御製に込められた「はるかのひまわり」と震災への思い / 言葉をないがしろにするNHK報道[桜H31/1/17]

平成最後となった今年の歌会始に際して、翌1月17日に発災24年目を迎えた阪神淡路大震災にまつわる「はるかのひまわり」について天皇陛下が詠まれた御製「贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に」をご紹介し、震災に遭った国民に寄せられた大御心についてお伝えします。
また、その歌会始の生中継放送を行ったNHKが、「御製(ぎょせい)」「御歌(みうた)」も「お歌」と紹介し、皇后陛下や皇太子殿下などへの敬称も「さま」を用いていた件について、誤りを指摘いたします。
そして、講師(こうじ)の大役をつとめられた近衞忠大氏への敬意を表します。

出演:髙清水有子(皇室評論家)

◆ 平成31年歌会始の御製・御歌・詠進歌(平成31年1月16日発表)
 http://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/pdf/utakai-h31.pdf

#歌会始 #はるかのひまわり #阪神淡路大震災 #御製 #御歌 #NHK #披講 #講師 #髙清水有子

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

コメント