高速鉄道に乗り遅れた女性、足をホームと列車の隙間に挟んで発車を妨害

14日午後11時20分ごろ、広州南駅の改札で駅員ともめる3人組。「もうドアは閉まってますから!」という声も聞かず、駅員の制止を振り切って入場した。ホームに着くと、女性がまだ列車が発車していないのを見て駅員にドアを開けるよう要求。列車の窓ガラスを叩くなど、かなり興奮している。

駅員が列車から離れるよう注意したが、足を列車とホームの隙間に挟んで抵抗し、頑として動かない。警察官と駅員が数人がかりで体をつかんで引っ張り、ようやく列車から離すことができた。

コメント