北京の小学生ハンマー殴打事件 北京市の出稼ぎ労働者排斥と関連

【新唐人=米NYに本部を置く中国語衛星TV】1月8日に北京市内の小学校で児童20人がハンマーで殴打される事件が発生しました。犯人は元学校職員で、雇用契約が更新されなかったことを恨んでの犯行でした。ある事情通は、この事件は北京市が出稼ぎ労働者を排除していることに関連していると指摘しています。

8日午前11時20分ごろ、宣武師範学校付属第一小学校で用務員を務めていた賈(か)容疑者が、児童の頭部をハンマーで殴打して、20人にけがを負わせました。そのうち3人は重傷を負っています。

賈容疑者は黒竜江省出身の49歳で、派遣労働者として学校に勤務し修繕作業などに従事していました。報道によると、賈容疑者の雇用契約は今年1月に満了し、人材派遣会社が契約を更新しなかったことが犯行に及んだ理由でした。

しかしある事情通は、今回の事件は北京市が出稼ぎ労働者を排除していることと関係があると指摘しています。西城(せいじょう)教育局が各学校に対し、出稼ぎ労働者を雇用しないよう要求したため、それ以降は教育委員会から職員が派遣されるようになりました。しかし解雇条件は学校側と解雇される職員との話し合いで決定され、支払われる賠償金も学校が負担することになっているといいます。

この人物はさらに、先日自身の職場でも勤続年数が20年以上の補修工が突然解雇されたことを明かしました。「彼らに受け入れてくれる派遣会社を探させて、見つからなかった場合は追い出しているとして、若いころから20年以上の歳月をここに捧げてきたのに、最終的には「弱い者がもっと弱い者をいじめる」構図ができあがったと語りました。


ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』

(動画概要より転載)

NTDTVJP
保守つべ

コメント